ISISが破壊した文化財のCG復元 一般人でも協力可能な画期的方法とは?

パルミラ遺跡
パルミラ遺跡の破壊前(左)と破壊後(右) アーチが無くなっている

ISISの文化財への蛮行は皆さん記憶に新しいと思います。2014年7月のナビ・ユヌス聖廟の爆破を始めとし、2015年2月には古代都市ハトラ、2015年8月にはパルミラ遺跡と次々に歴史的な文化財の破壊を繰り返しています。これらのISISの行為に対しユネスコは「文化浄化」という極めて強い言葉で批判しました。

これらの破壊されてしまった文化遺産に対し、ただただ失われていくのを見守っているだけではISISの思う壺です。しかしイラク、シリアは未だ戦いが続く危険な状態。そこでイタリアのブルーノ・ケスラー財団の考古学者マシュー・ヴィンセントさんは画期的な方法で文化財復元を行おうと努力しています。文化財復元というと何だか専門家が行う難しい作業で、何も知らない一般人の我々には何も手伝えないような気がします。しかしヴィンセントさんの考案した方法ならば一般人でも協力が可能なのです。
続きを読む ISISが破壊した文化財のCG復元 一般人でも協力可能な画期的方法とは?