【動画】MIKU EXPO日本ツアー2016【海外のまとめ】

911

動画「【初音ミク】「HATSUNE MIKU EXPO 2016 Japan Tour」Zepp Tokyoライブ映像-Blue Star/八王子P【MIKU EXPO 2016】」とその英語のコメントを翻訳しまとめました。

続きを読む 【動画】MIKU EXPO日本ツアー2016【海外のまとめ】

コンピュータではなく人間にしかできない仕事「メカニカルタルク」

コンピュータの進化と人間の仕事

近年ビッグデータや機械学習などの発展によりコンピュータの行える仕事・作業の幅が大きく広がっています。自動運転や音声認識・画像認識、テキストマイニングなどかつては人間しかできなかったであろうことが次々とコンピュータによって再現されているのです。まだまだ課題は沢山あります。しかし時が経つにつれてそれらも一つ一つ解決されていくでしょう。

科学の発展は本来ならば人間にとって望ましいものです。生活をよりよくしたり、今までわからなかった謎を解明したりといった事柄には科学の発展はつきものであり、人類の進化と科学技術の発展は切っても切り離せません。しかし近年のコンピュータ技術の発展に諸手を上げて喜ぶことができず、一つの懸念を抱く方もいるかもしれません。「コンピュータによって人間の仕事が奪われるのではないか」という懸念です。このままコンピュータが進化していけば人間の労働力を遥かに超える能力をコンピュータ一台で提供できるようになり、人間の労働者は不要になるのではないかということです。

「新たな技術が登場することで不要になる仕事が出てくる」という出来事は歴史上何度も登場しました。例えば日本では文明開化における「機械」の導入によって「手工業を生業としていた多くの人々」が廃業に追いやられました。そしてどうなったかというと「機械にはできない仕事」つまり主にホワイトカラーの仕事が増えたのです(むろん即座に増えたのではなく長い年月がかかっています)。では「コンピュータ」の発展によって「ホワイトカラーの人たち」の仕事が代替されるようになったらどうなるでしょうか。勘が良い人ならお気づきでしょう、答えは「コンピュータにできない仕事」です。

コンピュータにできない仕事」というのはどういうものがあるでしょうか。一つは「創造性を発揮する仕事」です。例えば研究者であったり商品開発業務であったり、単純なルーチンワークでは仕事を達成できないような職業であればコンピュータで代替することは難しいでしょう。二つ目は「いろいろなことを複合的に行う仕事」です。最も簡単な例でいえば仕事を教わっていない新入社員が行う「雑用」などはこの仕事に入ります。機械化・自動化するほどでもない小さい仕事を沢山抱えるというのも一つの手です。そして三つ目は「人工知能の不得意な仕事」です。人工知能の不得意な仕事は幾つかありますがその一つが「メカニカルタルク」です。

メカニカルタルク(Mechanical Turk)とは

メカニカルタルク(メカニカルタークとも)とはコンピュータでは処理が難しい仕事を人間の判断力や感性でサポートする仕事です。コンピュータは数値的な処理は人間の何百倍、何千倍も早く実行できます。単純な四則演算であったり、膨大な量のデータの解析であったり、あるいは読んだ文章の中にある単語がどれぐらいの頻度で出てきたか調べることなどは数値処理に落とし込めるのでコンピュータ向きの仕事といえます。しかしいくつかの写真を提示し、この中で「可愛い写真はどれか」「かっこいい写真はどれか」「美しい写真はどれか」と判別することはコンピュータには難題といえます。「可愛い」「かっこいい」「美しい」は人間の感覚によるもので数値に換算することはできないからです。これらの処理はコンピュータよりも人間が得意とする分野であり、コンピュータを人間がサポートすることで効率的に作業することができます。

余談ですが「メカニカルタルク」は日本語に訳すと「機械仕掛けのトルコ人」という意味です。ちょっと変な単語ですがこれは「The Turk」という18世紀のチェスの自動機械に由来します。The Turkは独りでに動き人間相手にチェスの対局を行う機械なのですが、当然18世紀にこのような高度な機械を作れる訳がありません。自動で動く機械に見せかけて中にはチェスの名人が入っており、実際にはそのチェス名人が機械を操作しています。ネタは単純でしたがかなり長い期間バレなかったそうです。「メカニカルタルク」と「The Turk」、一見すると共通点がないように見えますが、人間が機械をサポートして問題を解決していくという根本的な部分が同じだからこその名前付けなのでしょう。

メカニカルタルクを始めたのはアマゾンで、名付け親ももちろんアマゾンです。そして現在メカニカルタルクの仕事の大部分はアマゾンが発注しているものになります。主な仕事は商品や動画・画像に対するタグ付けやレーティング、説明の文字起こしなどがあります。

メカニカルタルクの問題点

メカニカルタルクの問題点として一番大きなものは「賃金」です。先述のような作業は世界中どこにいてもネットにつながったコンピュータさえあれば誰でもできる仕事です。するとこの作業の賃金は世界の最低賃金まで下がります。なぜならば誰でもできる仕事であれば日本や欧米などの賃金の高い人間でなく物価の安い途上国の人間でもほぼ同じような成果が得られるからです。よって物価の高い日本において上記のようなメカニカルタルクだけで食べていくことは難しいでしょう。

ではいかにすべきか?

上記のような大企業から提供されるメカニカルタルクに頼っていては結局のところやっていることは「コンピュータの下請け」です。コンピュータの言われるままに人間が仕事をしているにすぎません。それではどうすればいいのでしょう?「人工知能を使う仕事」すなわち「人工知能の新たな使い方を考える仕事」に就けばいいのです。そうすれば当然コンピュータの言われるがままという状況にはなりません。

しかし、言うは易く行うは難し。どうやってそうのような仕事を探せば良いのでしょうか?実際のところそのような仕事はどのようなものかはわかっていないのです。なぜなら10年後20年後の人工知能がどうなっているか、それにより社会はどう変化しているかという予想は幾つかありますがその答えは誰にもわかっていないからです。現時点では人工知能もそれを受け入れる社会のシステムも発展途上であり、研究者や経営者は暗中模索や試行錯誤を繰り返している段階です。

ですが、そんな段階だからこそ人工知能について学んでおくことは大きなアドバンテージになるでしょう。私は人工知能に取って代わられない仕事というのは「人工知能と全く関わりのない仕事」ではなくむしろ「人工知能を使う仕事」なのではないかと思っています。距離をとるのではなく、逆に中枢へと近づいていく、それこそが人工知能に取って代わられない人間となる方法だということです。

そのために情報を集め、将来に「役に立つ」知識を蓄えておくというのは大事なことであり、おそらく人工知能には不可能なことでしょう。なぜならば「役に立つ」という尺度を判断することは人間にしかできないメカニカルタルクだからです。人工知能がどれだけ進化しようとも結局学ぶのは人間自身なのです。

キン肉マン第182話「サダハルとの約束!の巻」感想

キン肉マン第182話「サダハルとの約束!の巻」の感想です。キン肉族の危険性を説き、滅ぼさなくてはならないと痛烈に批判するネメシス(サダハル)。しかしそこにキン肉真弓が登場、真っ向から反論します。「かつて私たちに仰ったことと全く真逆のことではないですか」果たしてネメシス(サダハル)と真弓・ハラボテの接点とは?そしてサダハルの約束とは?

ワシとハラボテがまだ幼い子供の頃のことじゃった…

若いころの真弓とハラボテ
額に「王子」

真弓とハラボテ(ボテちん)は遊んでいる途中に立ち入り禁止地区にたどり着きました。そしてその中で閉ざされた謎の洞窟を発見します。風穴からその洞窟内へと入ろうとする真弓、ボテちんは止めますが済し崩し的に一緒に探索することになります。最深部に怪しげな牢獄を発見する二人、そしてその中には…

人だ人がいる!

サダハル
サダハルおじちゃん怖い

最深部の牢獄に囚われていたのは後にネメシスとなる男。陰謀に巻き込まれ入獄、社会的に存在を抹消された「キン肉サダハル」です。『知らなくて当然のこと、忘れてくれ』サダハルは二人に言います。しかし真弓は知るはずのない「サダハル」の名前を言い当てました。いつかサダハルの名誉を取り戻す日のため、公には口にできないその名を兄・タツノリがその息子・真弓に伝えていたのです。

これにはサダハルも驚き、感動のあまり身を震わせます。

そんな兄の優しい意志を…遠い未来にお前たちが受け継ぐんだ。なぁ真弓、ボテちん。

権力闘争

サダハルはキン肉王家で起こっている権力闘争のこと子供達にもわかりやすいように語ります。その上で権力闘争をなくそうと奮闘しているタツノリの意志を受け継ぎ、自分のような者が一人も出ないような時代を作ってほしいと頼みます。その表情は優しかった。

約束

そんなサダハルの真摯な姿勢に心を打たれ、真弓は力強く約束します。ハラボテも頷きます。ハラボテ大丈夫?話についてこられてる?三人が交わした会話の時間はほんの短いものでした。しかしその中でのサダハルの言葉はまさに薫陶となって真弓とハラボテにしっかりと刻まれました。

すべては”あなたがいたからこそ”なのです!

そしてそのサダハルの言葉通りタツノリ、真弓は二代にわたってキン肉族の暗部を浄化してきました。そして立派な大王に成長したスグルもまたその意志を受け継ぎキン肉族の闇を払ってくれることでしょう。「自分のような権力闘争の被害者を生み出さない」新たなキン肉族が完成し、それがサダハルの望みだったはずです。なのになぜサダハルはネメシスとなりキン肉族を潰そうとしているのか?

「それまでキン肉族に抱いていた希望…それは跡形すらなく消し飛んだ」ネメシスの顔に深い闇が刻まれ、憎悪を隠すことなく答えます。初めて会った子供達に薫陶を授けた頃のサダハルの優しい表情は消え、まるで別人のように変わってしまいました。かつては自分の身を捨ててでも守ろうとしたキン肉族、それを「今は潰すことしか考えていない」と言うのです。かつてのキン肉族の行く末を案ずる気持ちは本物だったはずです。何がネメシスを心変わりさせたのか?

感想

子供の頃の真弓と委員長。

真弓のマスクは子供の頃は「王」じゃなくて「王子」だったとは。メネシスの額の文字が完璧超人になった時に「kin」マークから「完」に変わったように、王になった時に「王子」から「王」に変わったのでしょう。ミート君の額の文字が1コマだけ「にく」から「ママ」に変わったことに比べればこれら2つの変化は普通の事なのです。

委員長はキン肉星出身じゃなくて、隣のハラボテ星出身だったという衝撃の事実。惑星名から委員長の名前が決まったのでしょうか?それとも世襲で「ハラボテ」という名前を代々受け継いでいくのでしょうか?でも息子の名前は「イケメン」だし…。

サダハルと貞治
サダハルと貞治

キン肉サダハル時代のネメシス。優しかった頃のサダハルを見せられると心に来ます。この頃の心を取り戻すことは最早ないのでしょうか。そして全く関係ないが若い頃の王貞治に見えなくもない。

あと最初ネメシスが委員長に会った時にそこまで反応がなかったのは、最後まで委員長を「ボテちん」という名前だと勘違いしていたからなんじゃ…?

ネメシスが「心変わり」をした理由が気になります。「跡形すらなく消し飛んだ」という言葉から、憎しみが時間とともに募っていったというよりは、何か決定的な事件があったのではないかと思います。いくつか予想を立ててみました。

説1「ネメシス、子育て問題で怒っている説」

ネメシスはサダハル時代に「子供は国の宝だ」と語っていました。そして先週も「お前の息子が危険な思想に染まったらどうするつもりだ!?」とキン肉マンに詰問していました。ネメシスは結構この問題に関心がありそうです。

真弓の子育て失敗(アタルはスパルタ教育で出奔、スグルは誤って地球に放逐)を目の当たりにしたネメシスが危機感を抱くのも無理はありません。いやむしろ真弓はもっと危機感を抱くべきだったんじゃ…。アタルやスグルが悪の道に走る可能性もあったわけですから。

説2「ネメシス、タツノリ関係で怒っている説」

完璧超人になってもタツノリへの尊敬は未だ失われていません。にも拘わらず考えが180度変わってキン肉族を滅ぼそうとまで考えるようになった理由ですから、ネメシスにとっては相当大きな事件なはずです。ネメシスが一番怒りそうなことで思い当たるのはやはり兄「タツノリ」の身に何かが起こった場合でしょう。

実際タツノリの行く道は平坦ではなかったようで「戦争の時に囚われの身になり『肉のカーテン』で3日間身を守り続けた」逸話があります。肉のカーテンの堅牢さとキン肉タツノリの強い意思を表す逸話ですが、裏を返せば大王が囚われてしかも3日間助けられなかったという尋常じゃない事態です。ひょっとするとこの逸話にはまだ語られていないエピソードがあるのかもしれません。

説3「ネメシス、キン肉族の闇の深さに怒っている説」

ネメシスは権力闘争の末に幽閉の身になったわけですが、キン肉族の闇は権力闘争以外にもありそうです。例えば五人の王子候補たちの人生を見てみましょう。

まずフェニックス、ゼブラ、マリポーサはお金に困っていました。フェニックスは苦学を重ね、ゼブラはのし上がるため愛馬を殺し、マリポーサは盗みを繰り返し生計を立てていました。キン肉族においては持つ者と持たざる者の差はなかなかに大きそうです。

そしてソルジャー(アタルではない本物の方)は兵士で、戦場で銃弾に倒れたところを残虐の神に乗り移られました。悪の権化を名乗る悪魔超人ですら勝負はリングで行われる「超人プロレス」で決着をつけているのに対し、タツノリやソルジャーが戦っていた「戦争」はリンチあり銃器ありのガチのものでした。

ビッグボディは開拓作業が大変そう。がんばって。

これらの「貧富の差」「戦争問題」「未開地の開拓」が全てキン肉族の闇につながっているとなれば、このことを知ったネメシスもキン肉族に失望するかもしれません。しかしネメシスも王族だったのだから「このことを知らなかった」というのはあまり可能性がないですかね……。

3つも説を挙げたのだからどれか一つは当たっているはず。いや…でも、ゆで先生は読者の予想を上回ってくることが多いのであまり自信は……。どちらにしても来週が楽しみです。

といったところで今週の感想を終わります。お読みいただきありがとうございました。

ISISが破壊した文化財のCG復元 一般人でも協力可能な画期的方法とは?

パルミラ遺跡
パルミラ遺跡の破壊前(左)と破壊後(右) アーチが無くなっている

ISISの文化財への蛮行は皆さん記憶に新しいと思います。2014年7月のナビ・ユヌス聖廟の爆破を始めとし、2015年2月には古代都市ハトラ、2015年8月にはパルミラ遺跡と次々に歴史的な文化財の破壊を繰り返しています。これらのISISの行為に対しユネスコは「文化浄化」という極めて強い言葉で批判しました。

これらの破壊されてしまった文化遺産に対し、ただただ失われていくのを見守っているだけではISISの思う壺です。しかしイラク、シリアは未だ戦いが続く危険な状態。そこでイタリアのブルーノ・ケスラー財団の考古学者マシュー・ヴィンセントさんは画期的な方法で文化財復元を行おうと努力しています。文化財復元というと何だか専門家が行う難しい作業で、何も知らない一般人の我々には何も手伝えないような気がします。しかしヴィンセントさんの考案した方法ならば一般人でも協力が可能なのです。
続きを読む ISISが破壊した文化財のCG復元 一般人でも協力可能な画期的方法とは?