176話 歴史を変える一日!!の巻 感想

ネメシス

キン肉マン 第176話「歴史を変える一日!!の巻」の感想です。弱腰のキン肉マンを命がけで説得したネプチューンマン(ただし懸けたのはキン肉マンの命)。言葉でなく拳で交わした激励を胸に、キン肉マンはメディカルサスペンションへ戻り、決戦への時を待ったのでした。

新時代を迎える朝!

メディカルサスペンションが解除され、キン肉マンもネメシスも共に怪我が回復、体調もバッチリコン。

「昨日はひどいことを言ってしまった」とウォーズマンに謝るキン肉マン。それに対しウォーズマンは「お前の力を知っているのは お前と戦った俺たちだ。それを今日戦うネメシスにもちゃんと見せてやれ」と檄を飛ばします。

「俺たち」というのはウォーズマンだけでなく今まで戦った数々の超人たち、特にリングで対峙した完璧超人のネプチューンマンとピークア・ブーも当然含まれています。

昨夜のネプチューンマンとピークア・ブーとの対面について、空気を読みミート君には一切話さないウォーズマン。体は機械だが心はさに非ず、情を汲み気遣ってやることができる熱い男です。

今日は甲子園で満塁ホームランじゃ!

超満員の阪神甲子園球場。意気揚々とやってきたもののラッキーゾーンでの一戦を思い出すキン肉マン。間借りしたラッキーゾーンで野球のおまけとして試合をさせられましたね。

私は何か間違っていたのか?

完璧超人側の控室で対峙するネメシスをストロング・ザ・武道(超人閻魔)。あれだけいた無量大数軍・完璧超人始祖たちは散り、残るのはこの二人だけ。

そんな中、武道はネメシスに語ります。「ずっと欺いていたことへの非礼」「完璧超人の門を叩いてくれたことに対する喜び」「ネメシスへの期待・信頼」そして「自分の迷い」。かつては同じ志を持っていた者たちが戦いで敗れ去り、あるいは自ら袂を分かち、ひとりひとりと自分の下から姿を消していきました。一度はダンベルの掟によって消失するはずだった自分の命が助かってしまった。そして生まれた迷いが上記の言葉を武道の口から吐露させたのです。

その言葉に対しネメシスは即座に答えます。「自分が完璧超人の理念に救われたこと」「完璧超人の理念こそが世を導く教えであること」「それを証明するためにキン肉スグルを必ず倒すこと」。

武道の「迷い」も「控室の天井が低いこと」も「ベンチがひん曲がっていること」もネメシスの目には映りません。ただひたすらに完璧超人の理念を信じています。そんな愚直なネメシスに対し武道は立ち上がり「期待している」と声を掛けました。

キン肉族としての矜持を携えて!

自分の試合を野球のおまけと思い込みラッキーゾーンのある外野へと向かおうとするキン肉マン。テリーマンやミート君がベンチからグラウンドへ出るよう促しても「野球の邪魔して審判や監督に怒鳴られても私は知らんぞ~」と疑心暗鬼。よほど思い出に残っているのでしょう。

しかしマウンド入口の階段に足を掛ければ雰囲気は一変、きりっとした表情やリングへ向かう背中からはかつてダメ超人と呼ばれていたころの面影はありません。白いマントに身を包み、キン肉マンを待つ大歓声の甲子園へと入場していきます。これで本当に野球の試合が行われていたらどうしましょう

感想

武道の迷い言葉「私は何か間違っていたのか?」には心に来ました。この言葉に対しネメシスは間違っていないと肯定して見せました。しかしこれはネメシスの立場からすれば当たり前のことで、完璧超人の理念を否定することは自分の生き方や自害した無量大数軍たちを否定することにもつながります。
もしこれがネメシスではなく他の完璧超人始祖への問いかけだったなら、また別の答えを聞くことができたでしょう。しかし始祖たちはもういません。そう、ゴールドマンを除きです。そのゴールドマンとの試合があればこの答えを聞くことができかもしれません。注目したいところです。

リングへ向かうキン肉マンのカットがとても格好良い。全身を白いマントで包んでいますがコスチュームはどうなのでしょうか?懐かしのコスチュームが出てくるかそれとも新コスチュームか、こちらも気になります。

ジョジョの奇妙な冒険 ダイアモンドは砕けない 第15話「漫画家のうちへ遊びに行こう その2」感想

露伴

ジョジョの奇妙な冒険 ダイアモンドは砕けない 第15話「漫画家のうちへ遊びに行こう その2」の感想です。あまり深くは書いていませんが一応アニメを視聴後にご覧頂いた方がネタバレを避けられると思います。

あと2枚で来週分の原稿が完成なんだ 20分程でできると思うから

本にされて操られ、ゴキブリポイポイに入っていくゴキブリのように露伴の家にやってきてしまった康一。

原稿用紙2枚を20分で書き上げると豪語する露伴先生。下書きなし、スミベタ手裏剣、集中線一気書きなど凄まじいテクニックを見せつけてくれます。良い子の皆は真似しちゃダメだぞ。現代アートみたいな原稿が出来上がるから。

それに負けじと康一君も素晴らしい実況を聞かせてくれます。ジョースターの誇り高き血統のように、スピードワゴンやシュトロハイムの熱烈なる解説者の魂が時代を超えて受け継がれています。

ページを取れば取るほど君の体重は減っていくけど構いやしないだろう?

完成した漫画のコマを見ただけで本にされてしまう康一君。そして20kgほどむしり取ったにもかかわらずまだまだ欲する露伴先生。
ここでA4コピー紙は約4g。つまり単純計算で5千枚ほど取ったということになります。どんだけ魅力があるんですか康一君の記憶は。あの顔パック一枚一枚はもう少し重いかもしれませんがそれでもかなりの枚数を毟られていると考えられます。記憶とか飛んだりしないのでしょうか?

新オープニング

今後登場する人物が最初からハッキリ出演しています。鈴美おねえちゃん可愛い。

それでわかったんだろう虹村億泰君

仗助・億泰コンビが来てくれた!っと思ったら、ヘブンズドアーのせいで助けを求めることができない康一君。万事休すかと思いきや颯爽登場、虹村億泰。

手から結構な出血をしていた康一君。指の切断すら割と平気なスタンド使い達の生命力ならこの程度かすり傷かもしれませんが、気づいたなら仗助も億泰も教えてあげてよとも思いました。しかし結果オーライ。助けに駆けつけることができたのだから人生万事塞翁が馬。何が吉兆か分かりません。
億泰の登場が影も相まって非常にかっこよかったです。

康一君による虹村億泰批評。
『スタンド名はザ・ハンド。君は死んだ兄・形兆にコンプレックスを抱いており。何かを決断する時いつも「こんな時兄貴がいればなぁ」と思っている』
中々手厳しい言葉が並んでいます。ですが億泰なら「頭が悪いって言われなかったことが嬉しい」とポジティブに捉えてくれるはず。

『そうしろー!仗助早く知らせろー!』
『マヌケかッ!それをさせないためにお前らに説明してるんだよッ!』

助けに来たは良いものの、速攻で本に変えられてしまう億泰。しかしそれも無駄ではなく、仗助に能力がばれてしまい露伴先生一転ピンチ。

アニメでは普通でしたが、原作でのこのコマの露伴先生の顔が面白い。
アニメでの露伴先生の顔芸に負けないくらい。
だからドーダコーダいうわけではないんですが。

東方仗助が岸部露伴を困らせた時私は焼身自殺します

本にされた億泰に書かれた衝撃の一文。
数ある死に方でもかなり嫌な方に入ると思われる自殺方法です。
しかもライターの火で他の燃料もなしに焼身自殺はかなり時間がかかるでしょう。
ひょっとしてその間に承太郎さんたちを呼べば……いや仗助君は見捨てるようなことしません。康一君にもそう書いてあります。

思考時間 0.200秒

露伴の策略により物陰から出てこざるを得なくなった仗助。しかし目を瞑ればヘブンズドアーもセクシーコマンドーも無力。だがしかしスーパー漫画家岸部露伴それにも難なく対応し、突撃してくる仗助の目を開けさせることに成功します。

その思考時間0.200秒。速いのは手の動きだけではありません。
その動きについていく思考能力も必要です。
うちのパソコンよりも早いんじゃあないか?

その子、病気なんだろう?車押してやるよ

が、露伴の反撃もここまで。ブチキレ状態の仗助からラッシュを喰らい爆発四散。なぜここまでキレるのか、疑問に思う康一と億泰と露伴。

康一君の口から語られる仗助の過去バナ。上記の言葉、なんとセリフではなくサイレント映画風の字幕で表示されます。
何かと議題に上がる「不良の正体」ですが視聴者の想像を壊さないクールな演出。
製作陣に万雷の拍手。

ピンクダークの少年 休載のお知らせ

page-jojob

結局仗助にボコボコにされた露伴先生。一か月の休載を余儀なくされます。

そして写真は休載のお知らせ。ゴメンネ~。この憎たらしい表情。
しかししこたまボコられた体にも拘らず、怪我を押してこのイラストを描いたのならば、この顔も愛らしく思えるのではないでしょうか。
ん?ヴェネツィアに行ってた?岸部露伴は動かないエピソード16懺悔室?
知りません、ゴメンネ~。

to be continued

とんでもなく傍迷惑な漫画家岸部露伴。
スタンドを悪用し康一君に手を出したことが運のつきで天網恢恢何とやら、見事病院送りにされてしまいました。
しかし一般人ならゲスイことにしか使われなさそうなヘブンズ・ドアーを漫画のためだけに使ったり、血だらけになりながらそれを作品に活かそうとしたりと、彼の漫画に懸ける思いは本当に『もうここまで来ると褒めるしかないね…』というほかありません。
そんなところが露伴先生の魅力であり、荒木先生の(あくまで漫画家としての)理想像なのでしょう。
以上感想でした。お読みいただきありがとうございました。