【幼女戦記最終話感想】俺たちの戦いはこれからずっとだ!【海外の反応】

4chan : Anonymous

ターニャVSメアリー・スーはまだ?

4chan : Anonymous

頑なに目の前にあるロウソクに火をつけないレルゲン

4chan : Anonymous

仕方ないだろう。最終回だから急いでいたんだ。

4chan : Anonymous

こっちの方がムードがあっていいだろ。薄暗い密室に男女二人きり。

4chan : Anonymous

4chan : Anonymous

>憎悪の火はすべて消し去らねばならない
彼女の考えは正しいと思う?

4chan : Anonymous

戦争で敵を生き残らせるってことは、敵に反撃のチャンスを与えるってことだからね

4chan : Anonymous

基本的にはYES。ターニャの言うことは合っている。ただ他にも方法があるんじゃないか?プロパガンダとか。

4chan : Anonymous

要は反抗心を無くせばいいのさ。帝国占領下でもいいやと思わせるほど良い待遇で迎えてやるか、もしくは反抗できないほど壊滅させるか。帝国の現状だと後者しか取れないってだけ。

4chan : Anonymous

確かに憎悪の火は消すべきだ。しかしそれは暴力ではなく経済でだ。

ターニャはそいういう経済的な考えはなさそうだから誤ってしまった。軍人の陥りやすい誤謬だ。

4chan : Anonymous

1人の反抗者を殺す間に3人の反抗者を生み出してしまっては意味がない。例え先週のターニャの共和国殲滅作戦が上手くいっていたとしてもそれを理由に他の国がさらに攻め入ってくる可能性だってあるんじゃないか?

4chan : Anonymous

結局ゼートゥーア(と上層部)って有能なのか?

4chan : Anonymous

>ターニャが21世紀の知識を用いて辿り着いた作戦をWW1当時に思いつく
>戦術家としてのターニャの有用性を認めている

十分有能だと思うけど

4chan : Anonymous

でも共和国とダキアに介入をされながら、さらに他国の介入を考えず作戦を立てるのはちょっとな。

4chan : Anonymous

ターニャがいなかったらこの戦いどうなってたのかな?

4chan : Anonymous

多分WW1みたいな結末じゃないか?緒戦は有利だけど徐々に不利になり結局負ける。

4chan : Anonymous

いつの間にかこんなに広がっていたんだな

4chan : Anonymous

この地図の上の方に協商連合の領地があるから更に広いぞ

4chan : Anonymous

>北欧+ヨーロッパの大部分
そりゃ警戒されるわけだ

4chan : Anonymous

>砂漠の真ん中に送り込まれる
>支援および物資の供給無し
>ほとんどの方角を敵に囲まれている
>司令官は幼女で、酒にでも酔っているのか急に神を殺すとか言い出す

みんなだったらどうする?

4chan : Anonymous

ロケットよりはマシだと思ってくれ

4chan : Anonymous

幼女は酒を飲めない。おそらく変なジャガイモを食べたんだろう。

4chan : Anonymous

守りたいこの笑顔

4chan : Anonymous

守る必要はないと思う。特にターニャが笑っているときは。

4chan : Anonymous

どちらかというとこの笑顔の隣で戦いたい

4chan : Anonymous

でもこの笑顔だったら?

4chan : Anonymous

守りたいけどもう無理だよ。何もかも手遅れだ。

4chan : Anonymous

お父さんに続いて復讐マニアになってしまったからな

4chan : Anonymous

最終話に1話の演出を持ってくるのはよくあるけど、やっぱり最高だな。

4chan : Anonymous

レルゲンのターニャに対する考え方が「信頼できない怪物」から「信頼できる怪物」に変わったのが好き

4chan : Anonymous

「レルゲン×ターニャ」やはりこれ

4chan : Anonymous

漫画版であったターニャがレルゲンに対しどう思っているかのモノローグがアニメでは無かったのが本当に惜しい。4chに貼られていたあれを見て幼女戦記を見始めたのに。

4chan : Anonymous

2期どうかな?この終わり方ならありそう?

4chan : Anonymous

切りの良い所で終えつつも2期への前振りもしっかりとしていたからね。時間はかかるだろうがきっとあるはず。

4chan : Anonymous

新たな敵が最後に出てきたあたりはシーズン2への布石と見ていいだろうね。

列車砲からみて明らかに仮想ロシアだろう。仮想イギリスも仮想アメリカも海で隔てられているから。

4chan : Anonymous

この終わり方で2期が無かったらNUTの判断を疑うぞ

4chan : Anonymous

>仮想アメリカの国旗
旗章学的にどんな意味が込められていると思う?

4chan : Anonymous

>12の細いストライプと中央の青帯
>16の小さい星と中央の大きな星

本来のアメリカのような州の集まりというよりは、中央が強力な国家権力を持ち16の州を支配する国ってことかな?

4chan : Anonymous

中央の星はカリフォルニアだな。連中は自分が重要な州だと思い込んでるからな。

4chan : Anonymous

星の数は違うが、同心円状に並んだ小さい星の中央に大きな星のデザインは昔の星条旗でもあった。制度自体は本来のアメリカと変わらない州の連合体なのかも。

4chan : Anonymous

正直言うと星条旗よりもこっちが好き

4chan : Anonymous

彼女の復讐、みんなは応援する?

4chan : Anonymous

アンソンがあまり好きになれなかったからNOだ

4chan : Anonymous

応援はしないがターニャのライバルになってほしい

4chan : Anonymous

俺はYES。ヤンデレはカワイイだ。

4chan : Anonymous

YES。なぜならアメリカ人だから。

4chan : Anonymous

メアリー・スーという名前が彼女が完璧であることを示している。きっとお兄様レベルのクソチートを見せてくれるはずだ。

4chan : Anonymous

二人の演説の対比は最高だった。「神への反逆と崇拝」「帝国と合衆国」「仇敵と復讐者」ありとあらゆる要素が二人の対決を示唆している。この二人の戦いを見られるの日が来るのが楽しみだ。

4chan : Anonymous

幼女戦記スレはネタの宝庫だった。軍事マニア、歴史マニア、経済評論家、ジェンダー論者、アニメオタク…ありとあらゆる4chの厄介者たちが集まり昼も夜もなく議論(という名の罵倒合戦)をしていたものだ。そんな奴らでも週末の放送前には必ず戻ってきて、新しいエピソードを今か今かと待機していた。こんなアニメは久しぶりだった。

願わくはシーズン2放送開始時にみんなにまた会えますように。

 


まさに「幼女の皮を被ったおっさんアニメ」で最高でした。

最終回も2期が期待できる終わり方で視聴者的には希望が持てそうです。一方でターニャちゃんのおかれている状況としては暗雲が漂い始めていて、2期は暗い雰囲気になってしまいそうなのがちょっと怖いです。

 














「【幼女戦記最終話感想】俺たちの戦いはこれからずっとだ!【海外の反応】」への76件のフィードバック

  1. 二期やるなら4〜6巻までじゃなく7巻までやりそうだな。キリが良いとこがそこしかないし

  2. 冬アニメはこれを一番楽しみにしてたから終わった後の喪失感が大きい
    Web読もうかなと思ってるけど、やっぱり動いてしゃべるデグレチャフさんを見たいな

    1. 私はとりあえず11月に出るというドラマCD版を予約しました
      (コミック7巻の特装版についてるヤツ)

  3. 原作から削りまくって残念な部分も多々あったけど色々な人にウケているようで何より 
    爽快感があるのはここまでで、これから消耗戦の幕開けだからまた評価が変わりそう

    1. それと2期が実現して原作未読の視聴者を特にガッカリさせるのはメアリーのポンコツぶりだろうねえ

  4. >幼女戦記スレはネタの宝庫だった。軍事マニア、歴史マニア
    うぽってのときみたいですかw

    ストーリーの評価がむずかしいんだよね
    WW1とWW2ではぜんぜん政権も世相も思想も違うから
    どうすればよかったとか、こうなったとかはずとか

    WW1までは、戦争なんてただの列強国同士の境界線の引き直しでしかなったし
    帝国が負けなかったなら皇帝(プロイセン王)も失脚しなかっただろうし
    その後の革命も労働者党もあらわれてないしね

    WW1.5ってのは面白い試みではあるけど
    イギリスの海上封鎖がまずない状態でのww1って考えづらいしなぁ…

    ちなみにWW1のときの潜水艦作戦の潜水艦狩りに日本も参加しており
    商船から日本の護衛がないなら船は出せないというくらい信頼されてました

  5. 海外の掲示板そんなだったのかw
    色々思う事もあったが楽しい作品だったよ

    欲を言えば次はキャラデザのリファインと分割2クールをお願いしたい

  6. やっぱ海外の人たちも勘違いしてるよね。
    アニメスタッフが敢えてそういう風に曲解したのが原因なんだが…。
    今回戦争を終わらせることで最も重要なのはフランスが降伏しなかったことではなく、フランスが降伏しなかったから、イギリスが参戦してきたということなのに…。
    そしてイギリスが参戦したということはアメリカが芋づる式についてくるということなのに…。

    1. ド・ルーゴがこの世界のシャルル・ド・ゴールって気がつていないんじゃないでしょうか。指摘するコメントがないみたいですし。

  7. もうちょっと心の中の描写が欲しかったな
    ラノベのアニメ化で成功するかどうかはそこにかかってると言ってもいいのに
    特に幼女戦記は話の食い違いネタが面白いのに

    1. そこが減ったのは残念だけど、
      1クールで共和国首都陥落までやるとなるとこれ以上心情描写を入れるのは難しいんじゃない
      漫画版なんて小説のコミカライズとしては最上級の出来で且つ驚異の執筆スピードで進んでるけど、
      ようやく協商連合の上陸作戦に入るところだし
      アニメはテンポが大事だからいい構成だったと思うよ

  8. この3ヶ月間、本当に面白かった・・・このサイトには幼女戦記の感想を求めて辿り着いたけど、秀逸なレスの抽出・翻訳を続けてくれた管理人さんには感謝でいっぱいですよ!
    願わくば2期or劇場版でまた会えますように!

    ・・・あ、でも、海外ではコミック版の感想とかもあるんですかね?
    もしあるならアニメ完結記念におおざっぱなまとめとか見たいな~(厚かましい希望)

  9. さあ次は軍靴のヴァルツァーでもアニメ化してくれませんかね
    時代はちょっと逆行するけどさ。

  10. 勝ち続ければ勝ち続けるほどに悲惨な未来が待つという悲惨さ
    序盤で適当に負けておけばみんなハッピーなのにね

    1. 史実と違うので
      賠償金で追い詰めたから、暮らしのためにあの党を選ぶしかなかった国民とか
      協定を守らずひたすら領土広げたから相手も戦うしか選択肢なかったやら

      軍事側面の一部だけが強調され
      当時の世相がまるで反映されてないのです

  11. ターニャの言う「勝利の使い方」は重要だ。
    ただ勝つだけでなく、勝ったあとその立場を利用して上手く戦後処理しないといけない。
    アメリカは第2次大戦後、まさに日本にそれを行って成功した
    (中東では失敗したが)。

    1. 成功体験に浮かれて、なぜ上手くいったのかを考えなかったから失敗続きなんだろうな

      1. むしろドイツや日本が成熟した国だからじゃないかなぁ
        国を基盤が整っている先進国を相手にするのと、火種が四方にくすぶっている地域の国を相手にするのとでは同じやり方は通じないよね
        正面戦争と対テロ戦争は違うんだって事を知るのに高い授業料を払った感じだと思う

  12. 占領地から先ず最初に奪うものは
    『武器』と『言論の自由』だ。
    そして同時に与えるものもある。共産主義だ。
    富める者から奪い、貧しい者に与える平等の世界。
    資本主義者が支配する共産主義の世界。
    これほど支配地域を満足させ、弱らせる方法は無い。

  13. とりあえず、メアリー・スーはアメリカ人じゃないよな?
    祖母がアメリカ人で母は分からん。
    メアリーは協商連合人だろ。

    アメリカが軍に入ったわけでもない亡命者に、こんな短期間で国籍与えるわけもなし。

    1. その辺りはどうなんだろうね
      魔導適正を持つ人は希少だから、科学者とかと同じで優遇されるのかも?

    2. 民間人に亡命なんて言葉は使わないのです

      移民者だれでもウエルカム時代なのです、移民の国なので

        1. それどころかWW1後の行き場のなくなってたドイツ人も多く
          難民ではなく移民として入れてましたよ

          ただし、危険な作業と引き換えです
          あの国は移民者を労働力としてみてたからの繁栄です
          ま、それも世界恐慌までですが…

        2. メアリー・スーの場合、身元引受人が合衆国市民のおばーちゃんなので
          入管手続き後すぐに市民権を得ることも可能です

          あの国は慈悲深い温情と非情を常に持ち合わせる国です

          関東大震災のときいわゆるイエローに対して義援金を一番多く送ったのも合衆国です
          WW2のとき、日本人を皆頃しにしろと言った人達が一番多かったのもやはり合衆国です

    3. 史実のアメリカ的に、まだ「ヨーロッパからの移民は大歓迎」な時代ですよ。

      そして正式に移民の手続きをして、国籍を取得してからの志願兵です。

    4. 以前、アフリカ出身の黒人男性が3ヶ月で米国グリーンカード取得して兵士として来日。
      そして、日本首都でタクシーに乗り

      「はあっ!!? タクシー代一万円だと!?
       俺が黒人だからってぼったくろうとしてんじゃねぇぞゴルァッ!!」

      運転手暴行してタクシー強奪したクソ野郎が居たような
      長距離移動するのなら電車使えばいいのにタクシーに乗り、故郷と日本の物価を一緒にする

  14. >とりあえず、メアリー・スーはアメリカ人じゃないよな?
    >アメリカが軍に入ったわけでもない亡命者に、こんな短期間で国籍与えるわけもなし。
    とりあえず何が言いたいのかわからん

  15. 存在Xって信仰心ゼロのオッサン一人を信仰に目覚めさせる為に
    別世界のヨーロッパで大戦争を起こさせるって
    やり過ぎだろって思う
    その為にどんだけ死人が出るんだよ

    1. 詐欺師を一人信仰心に目覚めさせて磔刑にして死体隠しただけで
      世界中に信仰振りまいた神なんてのが実際に居ますからw

      1. そのパパからですよw

        信託通りに嫁をもらいにいけば、持参金をねだられ、何年も働いて
        持参金持っていけば、行き遅れの姉を渡され
        (女性は財産扱いで長女から渡す決まり)

        行き遅れの姉が結婚するまで何年も待って
        やっと手に入れた新婦は妊娠してたw

        こんなん詐欺ですよw

  16. 2期はともかく、総集の映画版は作って欲しいなー
    あの音響をぜひ映画館で聴いてみたい♪

  17. 絵を見た印象だけだが、ガンダムSEEDとかの絵を描いてるスタッフなのかな?
    空中戦のシーンとか見ごたえあったな。
    まあ続編っつか2部は小説がもう一区切りついてからだろうが、DRIFTERSみたいに原作者が時間を割いて続編の方に力を入れることも考えられるかな?

  18. 前世世界の歴史の知識をそのままデグさんは当て嵌めてる訳じゃなくて、前世の歴史を叩き台にし現世の情勢や現地・現在の自軍・敵軍の状況から推察して進言してる、しかし予測ではなく予言レベルの代物せいでレ中佐やゼ・ル准将らがデグさんの進言を信じきれずに自体を悪化させた。

  19. 総括するとキャラデザが良くなかった。
    どうしてこうなった時のアニメ版のカエル顔と漫画版のあの、可憐さ。
    漫画3巻のインタビューで作者はかわいくあれ、ただかわいくと念じなら描いてるという。
    まあアニメは動画だし、30分の1コマに魂のせられないしで。

    空中戦がウリの1つっていうならいっそ無いほうが。
    NUTの1クール通せない作画カロリーをもうちょっと配分良くできればね。
    BDの販売形態は好ましい。でも買わないけど。
    2クールが終わって、1,2の廉価BOXが出たら買いますよ。

    1. デグさんについてはキャラデザは可愛いはずなのに可愛くないって感じにしてほしかったな
      それでも動き重視で~ってのはまだ分からなくもない
      ヴィーシャはなんであのキモかわ系キャラデザにしたのかよく分からんな
      顔を百歩譲ってあれでいいとしても、親友の体に嫉妬してる描写あったのに無駄にナイスバディにしたのは対比のためなのかね
      完全にアホキャラになってるし名前が同じ別人って感じがするなぁ
      特にようじょしぇんきはヴィーシャに限らず遊び過ぎでおかしなことになってる気がする
      男のデザインについては小説版や漫画版より良いと思えるものもあったかな

      構成や演出については色々文句言いたいところもあるけど、まあ媒体による差と思うしかない……かな
      スー大佐関連は間違いなく失敗だと思うけど……

      それでもこんな作品をアニメ化しようと思ってくれただけありがたいけどね。原作や漫画も注目されるだろうし

  20. アニメ版好きで円盤も予約したけど、書籍版やコミック版の絵も良いからそっちで動くのを見たいというのはわかる

  21. 糞袋さんはデグさんにライバルとすら見られないかわいそうな人
    2期あればこのあたりは改変してくるだろうけど、改変しすぎると糞袋さんじゃなくなってしまう

    1. 2期で改変やるなら、1期でほとんど触れられなかった95式の精神汚染についてフィーチャーするんじゃないかな

      連邦の物量に対し無双するも、95式の連続使用で汚染が進むデグさん
      ある日の着替え中、身に覚えの無いロザリオを提げている事に気付き、ふと鏡を見ると瞳の色が金色から戻っていない(!)
      フラッシュバックするアンソン・スーの最期
      存在Xへの罵倒後、瞳の色は元に戻る
      だがこのまま前線で生き残る為に95式を使い続ければ、いずれ自分もあの男のような狂信者にされてしまうのか・・・という恐怖

      視聴者としてもアンソンという実例を見てるので解りやすいし、1期で蘇らせた事も伏線として生きて来ると思う
      アニメでも悲惨な戦闘がずっと続くだけだと、初めは良いけど飽きられて来るだろうしね(政治劇もあるだろうけど理解しづらい)

      汚染の進行度合いを物語に絡ませながら、フレンドファイアも辞さないメアリーと、理性で踏み止まろうとするデグさんの決戦
      そして一度は限界を超えて狂戦士化するもヴィーシャや大隊員との絆によって己の意思を取り戻す、とかにすれば、ありがちではあるけど解りやすいプロットが作れると思う

  22. メアリーみたいなキャラは100%戸松さんだと思ってたら案の定戸松さんだった
    このタイプはハマり役だもんね

  23. ※ 爽快感があるのはここまでで、これから消耗戦の幕開けだからまた評価が変わりそう

    赴任先は北アフリカ戦線の雰囲気だったけど、独ソ戦もやるの?

    デグさんはこれまで正攻法で全能者Xが背後にいる連合国と戦ってきたが、
    何をやってもXにチートでひっくり返され絶対勝てないというFateな世界。
    パクス・インペリウム=帝国による世界平和をデグさんが望むなら神様の裏をかく以外にない。
    自称全能者にチートをやらせないようにしちゃえば、デグさん有利なんだから
    パクス・インペリウムを目指して頑張って欲しいな。
    デグさんがXに敗北して終るFateなエンディングを望んでいる視聴者はひとりもいないはず。

  24. 最早、祟り神と言って良い程、人間にとって良い介入はしない癖に、
    一人の人間が自分を崇めないって理由で、全世界を破壊と混沌の嵐に叩き込んででも
    自分を崇めさせる気紛れ、身勝手かつ傲慢な存在。
    ”契約をしなければ介入せず、しかし契約した暁にはそれを確実に履行する”悪魔の方が
    遥かに誠実な存在だとは思わんかね?

    1. WW1+2の世界に送り込んだだけなのです

      どんな時代でも戦争を選択したのは人間なのです。戦い憎しみ合う種族なので

      神の名のもとに侵略戦争をくわだてたのも、少年十字軍を奴隷として売りとばしたのも結局は人間なのです。平和をしらない種族なので

  25. 原作から必要な部分まで削り
    わざわざ書籍で追加された美人副官をムーミンにし
    何をしたかと言えば親父にチート能力つけて復活させ、再登場したかと思えば即退場
    あの親父が出て来たことによって戦況が変わったわけでも、ターニャや司令部の判断要素が変わったわけでもなく。ただアニメの時間を無駄に裂いただけ。わざわざ神が与えたチート能力も意味なし。これだとメアリーもターニャも、あの科学者の開発品も大した性能ではないという事にすらなる
    無能中の無能だろ。この展開にした監督と脚本は

    1. 一巻しか読んでませんが、坦々と進みますから
      最終回前に盛り上げてみましたテヘッ
      ってとこですかね?

  26. ででででで出たーお前がやってみろとか言い出すバカなやつー
    そもそも立場が違うんだから「はーいやりまーす」ってやれるわけもないわけだが
    大体問題点はハッキリ指摘されていて、そこに気付いて直しておくのがプロのはずなんだがね。この場合は好みの問題ですらないわけで
    さらに言えば実際に脚本の仕事している人間相手にその発言している可能性も考えような

    1. 脚本のいいところを無視して悪いところばかりを上から目線で指摘してるんだから、そらまともな意見と取ってもらえないだろ。

  27. ヴィーシャの顔の造詣に文句があるんなら篠月しのぶ及び、細越裕治に直接文句を言いにいけと。
    シナリオに関しては原作者のカルロ・ゼンが脚本見てOK出してんだから文句言うな

  28. やけに強い語気で脚本を無能呼ばわりしてる人(とそれに猛反発してる人)がいるけど、ほとんどの人は脚本に不満を持ってはいないと思うよ。客観的評価に関しては、MLAスコアが12話までずっと右肩上がりで最終的に8超をマークしてるのが全てを物語っていると思う。
    個人的意見としては、脚本の猪原さんに対しては「たった12話しかない尺によくぞここまで上手く収めて、最後も気持ち良く締めてくれた!」という好印象しかない。戦記物として非常に重要だけど同時に視聴者の飽きも招きやすい会議パートと、エンターテイメント性(掴み)は強いけれど作画カロリーの高い戦闘パートのバランスが本当に絶妙だったと思う。ネット上に猪原さんのインタビュー記事があるから読んでもらえれば分かるけど、彼は本当にしっかり原作を読んだ上で、どうすれば骨太な戦記物としての側面も大事にしつつ、アニメならではの華やかなエンタメ表現も最大限活かして、いかにワンクールアニメとして上手くまとめられるか真面目に考えてくれてたよ。そして実際に、見事な脚本で最後までアニメを盛り上げて視聴者を楽しませてくれたと思う。自分は監督・脚本を始めとして制作に関わったスタッフ皆にありがとうと言いたい。

    1. 長文乙

      要約と改行って言葉知らないのかな?
      あー知らないんだね、そっかー仕方ないね

      1. ↑脚本無能派って本当に知性の欠片もないんだな
        何も言い返せないからって顔真っ赤にしちゃってまあ

  29. 二期があったらルーシ連邦のロリコン国家主席が出るんだよな…?
    いっそKGB時代のプーさん風怪人が出てきてくれないかと思ってる。

  30. 12話のまとめ方は
    アニメ企画の当初の原作者との打ち合わせ時点でだいたい決まってたそうで
    風呂敷の畳み方は良かった。

    でも、その風呂敷の中身が、
    削り過ぎて骨だけになった原作の一部とアニオリとムーミンだってのが残念だ。
    11話のアニオリは、12話への布石としては「合理を外れた狂気と恐怖」が不足していたように思う。
    ムーミン顔は顔芸頻発のターニャとバランスを取ったのかもしれないけれど、要らぬ配慮だったのではないか。

  31. >これだとメアリーもターニャも、あの科学者の開発品も大した性能ではないという事にすらなる
    >無能中の無能だろ。この展開にした監督と脚本は

    なるほど俺つえぇを批判できなくて激オコですかw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。