海外の日本語学習者を悩ます「厨二病振り仮名(ディープ・フリガナ)」について【海外の反応】

4chan : Anonymous

日本語学習者を襲う「難解な振り仮名(ディープ・フリガナ)」の脅威について語らないか?いわゆるアニメとかで「厨二病」と呼ばれるやつだ。例えばスレ絵がそれだ。

ちなみに「ディープ・フリガナ」は何て単語で表せばいいのか分からなかったから便宜的に設けたこのスレだけの用語だ。Googleに聞いても出てこないぞ。

4chan : Anonymous

俺は好きだなこういう表現。漢字とかなを両方使う日本語ならではの面白い表記だと思う。

他の言語だとこうはいかないからね。

4chan : Anonymous

正直言うと難しすぎるよ。こっちは普通の日本語ですら精一杯なんだ。

4chan : Anonymous

誰が気にするの?こんな表現なんて日本語の漫画とかゲームとかじゃない限り出てこないでしょ。

4chan : Anonymous

嘘だろ。日本の漫画もゲームもしないのに日本語を学ぶやつがいるなんて…。

4chan : Anonymous

アニメがあるだろ

4chan : Anonymous

スレ画の二つの表記、『生命(おまえたち)』と『文明(おまえたち)』は何か違いがあるの?それともどちらも同じ読み方でどちらも同じ意味なの?

4chan : Anonymous

読み方についてはYES、意味についてはNOだ。ディープ・フリガナを使うときは「発音する単語」と「話者が単語に込めた意味」は決定的に異なっている。

スレ画の文章はキャラクターボイスでは「おまえたちでは私たちに勝てない」「おまえたちでは私たちを殺せない」と普通に発音していた。これだけ聞くと「じゃあ他の人なら勝てるの?」と聞き手は考えてしまうかもしれない。

しかしディープ・フリガナのおかげで彼女の考えや意図が一目瞭然となる。「誰が来ようと、どんな兵器を用いようと自分の絶対的優位は変わらない」この一枚のスクリーンショットからこんな意味を察することができる。

4chan : Anonymous

なるほど、頭いいな。

4chan : Anonymous

ディープ・フリガナと言えばこれ

4chan : Anonymous

「Don’t we(俺たちじゃない)」と書いて「Just me(俺だけだ)」と読むのは英語にもあるよ。まあ、正しい言葉ではないってのも同じだけどね。

4chan : Anonymous

翻訳する人には申し訳ないが日本のディープ・フリガナは大好きだ。厨二病スピーチや厨二病ポエムには欠かせない要素の一つだと思う。

4chan : Anonymous

俺も最高の表現だと思う。

翻訳するときは漢字の上に英語でルビを振ってくれればいいんだ。それなら訳すのも読むのも楽そうだし、熱心なファンは漢字の意味を自分で調べるだろうからね。

4chan : Anonymous

不必要な文章やキャラクター同士の対話を省きつつ効率的に情報を提供できる方法だな。

例えば誰かのセリフの中に「故郷」って単語があって、そこに「テキサス」がふりがなとしてふられていたとしたら、彼の故郷はテキサスってことがすぐにわかる。

「俺はテキサス出身なんだ」「そうか」みたいな冗長な説明を無くせるんだ。

4chan : Anonymous

個人的にはディープ・フリガナは止めてほしいと思っている。いちいち振り仮名をふられると読みにくくないか?

「男は故郷(ルビ:テキサス)のことを考えていた」これって変だろう?
「男は故郷であるテキサスの事を考えていた」こっちでいいじゃないか。

それにもし必要な情報なら、振り仮名で流してしまうのではなくちゃんと説明を与えるべきだと思う。それにちゃんと推敲すれば振り仮名を使わなくても文章をコンパクトに抑えることは可能だ。その方が自然な文章になるしね。

4chan : Anonymous

確かにそういう簡単な例ならディープ・フリガナにする必要はないかもね。

でもスレ画みたいにより複雑で難しい意味を込めることだって可能だよ。そういう場合には普通の説明だとクドくなり過ぎてしまうからね。

4chan : Anonymous

そうは言ってもディープ・フリガナに頼り過ぎている文章って見たことないかい?

1センテンスに4個も5個もディープ・フリガナがあったら、そもそもそれは情報過多なんだよ。設定から見直すべきだ。

 


これって固有名詞無いんですかね?「当て字」ともまた違いそうですし…。

 











「海外の日本語学習者を悩ます「厨二病振り仮名(ディープ・フリガナ)」について【海外の反応】」への61件のフィードバック

  1. 旧敵と書いて「とも」と呼ぶ以前にこの使い方は定着していたんだろうか
    宇宙と書いて「そら」というのはあったにせよ

  2. I love you.と書いて「月がきれい」と読むようなもんだろ?
    母国語ならともかく多言語ならふざけんなって思っちゃうな。

  3. 戦前の小説で「小学教育普及時代」に「だれもじのよめるじだい」と
    ルビがふってあるのがあった。昔からあったんだという話。

  4. そもそも漢字自体が日本発祥じゃないから
    その意味を改ざんするのを日本人はためらわない
    もしアメリカ人が英語のEnemyを貴様ら(You)と訳したら
    イギリス人はアメリカ人が英語出来ないとバカにするだろう
    漢字と振り仮名がある日本だからこそ、これは通用すると思う

  5. 漫画だと狭い吹き出しに情報を詰め込む時に便利、特に海外の固有名詞
    「帝都」と書いてルビに「コンスタンティノポリス」ってあれば
    次からはルビ読まなくても「帝都」を見るだけで「コンスタンティノポリス」がすっと頭に入ってくる

  6. 身体(からだ)みたいな慣用的な読みはともかく、画像のような表現は単なるその場だけの特別な表現であって、ルビを振ることで初めて成立するものだから、特に勉強しなくても自然と馴染めそうに思うけど。

  7. 漢字に訓読みを当てるのは古代からの使用法
    百済も音読みではクダラとは読めない

    オレの中では「特攻」(ぶっこみ)の拓のイメージだな
    ハードラックとダンスっちまった

  8. 西尾維新が「めだかボックス」で技名としてこれを600センテンス羅列したところ
    少年ジャンプを勝手に翻訳してた違法スキャングループが困り
    いつもは翻訳後に違法アップする速さを競っていた複数グループが
    一致協力して翻訳割り振りを行い同時アップするという伝説を作った

  9. 「宇宙」と書いて「そら」と読むか「うみ」と読むかで年がわかるとかいうネタを昔見た気がする。
    「うみ」ならヤマト、「そら」ならガンダムだったっけかな。

  10. スレイヤーズ型だわ。
    竜破斬(ドラグ・スレイブ)とか。
    中学の頃はオリジナル呪文を作った黒歴史…。

  11. 一方通行(アクセラレータ)みたいなのは厨二ルビ、でいいと思うんだが
    故郷にテキサスを振るとかは……うーん、やっぱりそれを指す用語はない気がする
    連想ルビとかでどうだろう

  12. だれか故黒丸先生(翻訳家)の事も思い出してあげて
    ニューロマンサーとかががクリエータに与えた影響は小さくないと思う

  13. ラブレーの翻訳がルビだらけだけど中2とは思わんな
    他国のシャレを伝えるには適した表現
    表徴(シーニュ)幸先(シーニュ)
    祭り(フォワール)下痢(フォワール)とかね
    元の単語の発音は厳密には違うんだけどね、字面は同じなんだよ

  14. そもそも漢字自体が、もともとあった日本の言葉に、仮の音を当てた=仮名だからな
    自由に使うもんなんだよ

    音だけ借りてきたのが音読み、漢字の意味に合わせたのが訓読み
    崩して簡単(平)にしたのが平仮名、文字の片方だけ使ったのが片仮名

  15. 添義法と呼ばれる歴としたレトリック技法でございます。
    日本語の一側面というわけですね。

  16. というか、外人は無理して日本語読まなくてもいいんじゃないか?
    日本人が楽しめればいいんだし。
    外人は外人で他に勝手にやってろよ。

  17. これも字数がある程度決められてしまうものに多いと思う。歌とか。
    乗せやすい言葉と意味する物が違うときに使うと効果的。

    >正直言うと難しすぎるよ。こっちは普通の日本語ですら精一杯なんだ。
    そんなに難しくないぞ。漢字で読んでかなで読んで両方から意味推測すれば良いだけだ。書いてあるんだから読めば良いだけだ。
    そんなこと言ったら行間読めとか空気読めなんて言われたときどうする。

  18. 「警察」 (サツ)
    「刑事」 (デカ)
    「犯人」 (ホシ)
    「警視庁」 (ホンチョウ)

  19. 隠語と厨二を一緒にすんなよw
    要は本気と書いてマジと読むみたいな痛い奴のことだろ?

  20. 歴史小説にて、役職名のルビに人物名書いてくれると読みやすい。

    例:右将軍は大膳大夫に~をした
    意味:織田信長は武田信玄に~をした

    官位名が誰を表すのかを記憶しておかないと誰が誰だか分からなくなる

  21. こーゆー無限の表現力があるから日本語は面白いのだ。故に漫画大国になれたのだ。海外も意地張ッてないで英語止めて日本語使えばいーのに。

  22. 須佐之男命(スサノオノミコト)

    日本史の最初の方はこんなんばかりで覚える気力がない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。