キン肉マン177話 友情と孤高!!の巻 感想

キン肉マン177話 「友情と孤高!!の巻」の感想です。

ラッキーゾーンに人が!?

ドームのグラウンドへ入場するキン肉マン。当然そこでは野球は行われておらずグラウンドの中央にリングが設置されています。観客が多すぎてラッキーゾーンを急遽立見席として開放しなくてはならないほどの満員御礼です。

kinniku177f

ラッキーゾーンにはバースら阪神の選手たちも(もう少し良い席を用意したげて……)。さらにお手製と思われるプラカードも掲げられています。「キン肉マンガンバレ」「打倒ネメシス」「マッスルデビル」(カレクックが命名。かなりコアなファンと思われます)「牛丼ひと筋」(!?!?)などなど。

kinniku177e

かつては野球に追いやられ、邪魔にならないように超人プロレスを行っていたキン肉マンも昔の話。今は正義超人代表として大観衆から声援を受けるまでに成長しました。反対に変わらないものもあります。それは正義超人の友情さ!観衆の中にはチエの輪マンにキューブマン、そして名(迷?)試合を繰り広げたキングコブラの姿もあります。これには流石のキン肉マンもうるっと来ています。

一日足らずでここまで手はずを整えられる。
これが我が宇宙超人教会の実力じゃあぁぁー!

超人閻魔に「開会実績がある」などと豪語していただけはあって完璧に会場を整えてきた委員長。この手際を国立競技場での正義超人席に活かせなかったものか……。

キン肉王族の白いケープ

キン肉王族の白いケープを纏い青コーナーよりキン肉マンがロープを飛び越え颯爽とリングイン。セコンドにはミート、テリーマン、ウォーズマンが付きます。

kinniku177d
なぜかキン肉マンの名前を2回呼ぶネメシス

それに対し赤コーナーよりネメシスもリングインします。身に纏うはキン肉マンと同じ「キン肉王族の白いケープ」!古くなりボロボロではありますがたしかに本物です。そしてセコンドには誰もいません。

kinniku177c
コスチュームは王位争奪戦の時のもの

かたや大王としてキン肉王族たる誇りを背負ってリングに立つキン肉マン。かたや自分のキン肉族としての出自を呪いと断じ、孤高を貫くネメシス。悪魔将軍も言う様にこの戦いはまさにシルバーマンとザ・マンの代理戦争。正義か、完璧か、友情か、孤高か、二人のキン肉王族の戦いがついに始まります。

「いい目つきだ では始めようか キン肉マン」
「へのつっぱりはいらんですよ!」

kinniku177b

おお!言葉の意味はわからんがとにかくすごい自信だ!ここでこの言葉が出るとは……。おそらく皆さんご存知第一巻からのキン肉マンの名台詞です。惜しむらくは『言葉の意味はよくわからんが~』がセリフではなく編集さんのアオリ文で書かれている点。せっかくのアオリですが単行本では載らないのではないでしょうか?もったいない!

kinniku177a
グレコはともかく三星だと別の会社になってしまいます…。

そしてこの試合前にこのセリフを出したということは、ネメシス戦が恐らくキン肉スグルの最後の試合となるのではないでしょうか?となるとザ・マンと戦うのはやはり……。

以上感想でした。お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。